着物は日本の伝統であり、多くの日本人にとって憧れの衣装だと言えます。今となってはあまり着る機会はありませんが、成人式や結婚式など着物を着ることが出来る機会がないわけではありません。そんな時には着物レンタルサービスがオススメです。

購入するよりもお得

着物を着る際に、レンタルにするか購入するかは非常に大きな問題ですが、最近では着物レンタルサービスを利用している方が結果的にお得になることが多いです。というのも、現代においては着物を着る機会は非常に限られており、日常的に着ることは少なくなっています。購入するにしても着物は高価であり、比較的安価だとされるポリエステルの着物でも最低5万円ほどかかります。5万円もあれば質の高い正絹の着物をレンタルすることも可能ですし、着る機会の少ない現代においては高いお金で着物を購入するよりも、質の高い着物を安価でレンタルしている方がお得だと言えます。またレンタルの場合は購入するよりも安価であるため、選択肢に幅が広がるのも魅力的です。

レンタルすると保管の必要がない

着物レンタルには様々なメリットがありますが、最大のメリットは保管の必要がないことです。着物の保管は非常に難しくシミやカビが発生することが珍しくありません。一般的な服のように1000円程度で簡単にクリーニングに出せればよいのですが、着物の場合は着物専門の業者でしか行うことが出来ません。着物のクリーニング代は非常に高価で1万円程することも珍しくありません。長い目でみればレンタルよりも購入する方が安く思えたりもするのですが、結果的に多くの費用が必要となってしまいます。レンタルではそのような保管や費用の心配がないため、お得でかつ利便性が高いと言えるでしょう。着物を着るためには知識が必要だと言われますが、本当に大切なのは、実は着物の保管方法なのです。

着物レンタルのデメリット

ここまで着物レンタルがお得であり、かつ利便性が高いことを紹介してきましたが、では着物レンタルには全くデメリットがないのでしょうか。そんなことはありません。着物レンタルにもいくつかのデメリットがあります。代表的なものとしては愛着の問題があります。基本的に着物は一生ものです。確かに着物の保管は簡単ではありませんが、適切に扱えば次の世代にも譲ることが出来ます。以前の日本では母親の着物を娘に譲ることがあり、着物を通して家族の繋がりを意識することもありました。このように着物には愛着が持てるものです。しかし着物レンタルでは基本的には1度着るだけなので愛着を持つことは難しいでしょう。長い目で見て本当に大切にしたい着物は購入、数回しか着ることがない場合にはレンタル、というように使い分けることが大切です。