お役立ち☆パーティードレス特選集

総合ランキング

Night1
総合評価★★★★★
RUIRUE BOUTIQUE
総合評価★★★★★
ROBE de FLEURS
総合評価★★★★

top > パーティードレスについて > パーティードレスを選ぶときに気をつけること

パーティードレスを選ぶときに気をつけること

 パーティードレスを着るときには、あらかじめしっかりとTPOを考えるということが何よりも必要です。
いわゆるドレスコードを考えるということだと言えます。
結婚式にゲストとして参加するときには、露出が控えめなパーティードレスを選ぶのが一番良いでしょう。
ロングドレスを着るという選択肢もあるのですが、花嫁と被ってしまう危険性もあるため、控えておいたほうが良いと言えます。
実際に着るのであれば、柄の無いワンピースなどであっても、コーディネート次第で結婚式などにも着て行くことができると考えている人も、たくさんいらっしゃるようですが、生地感やデザイン、色などから考えてみてもパーティードレスを選んだほうが華やかな雰囲気を醸し出すことができるので、結婚式に最適の服装となります。


 結婚式の二次会だけに参加するという人も多いかもしれませんが、二次会だからと言って露出の高いドレスを着て参加するのは避けたほうが良いでしょう。
結婚式よりは若干カジュアルな雰囲気になっても問題はありませんが、だからと言って品がない雰囲気の服装になってしまえば、非常に残念なことになってしまうのではないでしょうか。
しっかりときれいな格好をする日なので、たとえ二次会だけに参加するということでも華やかなパーティードレスを着たほうが良いでしょう。
結婚式などとは違って夜に行われる二次会であれば、キラキラとして派手なアクセサリーを付けてみることで、少し派手な雰囲気に仕上げてみると、より一層華やかになります。
パーティードレスやワンピースなどに合うような素敵なものを選ぶことをおすすめします。


 おしゃれにパーティードレスを着こなすときに大切なのは、全体のバランスを考えるということです。
上手に視覚効果を利用することによって、自分自身の体型の気になっている部分を上手く隠すことでバランスの良い着こなしをすることが必要だと言えます。
膨張色のホワイトを選んだときには、若干身体がふっくらしているように見えることが多く、ブラックを選んだのであれば身体全体がスッキリとして細く見えますので、スリムな体型に見えることが多いです。
身体のサイズはまったく変わっていなくても、上手に視覚効果を利用すれば、体型の印象を変えることができるということです。
自分自身の体型で気になる部分があるのであれば、視覚効果をどのようにして与えたら素敵に見せることができるのかということを考えてパーティードレスを選べば良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP